日本各地には

 日本は、山や川や海を身近に持ち、また四季をはっきりと感じ取れる
地理的環境により、各地域ごとに特徴のある食材があったり、風土・自然条件の
影響を受けた地域色のある調理法や食文化があり、県内・外どこを訪ね歩いても、
何かしら特色ある“食べる楽しみ”に出会えますし、私は求めてしまいます♡
日本の旅行パンフを見た諸外国の友人たちは、私を含め、多くの日本人の
「旅行と食事」が必ず結びついている事に笑っていました。
コレってかなり日本人独特の旅行スタイルみたいですよ。


私が訪ねたお店紹介

 

秋田県  岩手県  東京都  神奈川  横浜県  静岡県  三重県  石川県  
京都府  大阪府  地元★兵庫県  岡山県  山口県  沖縄県  
             (↑各都道府県名をクリックすると、各地域の先頭にスクロールします)


私の評価は「美味しい」だけではなく、そこにどれだけ「食」を大切にし、どれだけ「愛情」や「こだわり」を感じるかで左右されるので、もしかしたら皆さんの「美味しい」とはズレているかも…。
食べ歩きをして心惹かれたお店の連絡先は、手帳に書き留めて大切にしてきましたが、私自身の海外留学やらで手持ちの情報も随分と古くなってしまいましたので、先ずは2012年以降の食べ歩き足跡を公開しながら、2012年以前の特にお気に入りのお店で過去5年以内の場合は、店名だけを列挙し、再訪できたお店からゆっくりと公開していこうかな?と計画しながら、只今のんびりと準備中です♡♡♡


*******************************************************************************



三重県~                   (*リストの並びは順不同です)
熊野速玉神社へお参りに行った後、足を伸ばして熊野市駅で下車、花窟神社や駅周辺を散策中に見つけたお店です♡


«志ら玉屋» (熊野市)
お土産探しに駅周辺を散策中、とても気になった和菓子屋さん。 銘菓『志ら玉』は私が訪ねた時はもう完売…。 餡子好きな私は六方焼きと田舎羊羹を購入。すっごく美味しい!!! この和菓子屋さんの味最高です ♡ 詳細をみる

«雑魚屋 かんばやし» (熊野市)
駅前 “記念通り” を歩いていると美味しそうな鰻のお弁当やおむすびを発見。 小腹が空いていたので、後の散策中に食べようと思い『うなむす』を購入して、七里御浜海岸で腰をかけていただきました♪ 詳細をみる


☆写真がありませんが…

★«めはりや» (熊野市)
駅を降りると『めはり寿司』や『さんま寿司』という文字をたくさん見かけます。 『めはり寿司』を知らなかった私は、駅前にいらっしゃったタクシーのドライバーさん達に聞いてみたところ、『めはり寿司』とは、大きな高菜のお漬物で大きく握ったご飯を包んだ郷土料理。 「大きなおむすびなので、食べる時に目を大きく見開いて頬張ってしまう」とか「目を見開くほど美味しい」という様子から『めはり寿司』と名前がついたとか!!各家庭やお店ごとに少しずつ味は異なるものだけど、熊野市駅の改札を出て右手に徒歩1分もかからない場所に暖簾をかけためはり寿司専門店の『めはりや』さんは、運転手さんたちのお墨付きのお店でもあるようですよ。 小さなお店で、一見入りにくいかな?と思ってしまいますが、お味と大将の人柄の温かさは、一級品だと確信しましたので是非お試しあれ ♡ 後で知ったのですが『めはり寿司』のテイクアウトもできるそうですよ ♡


            …また再訪できたら、今度は写真を撮らせてもらいますね☆
       
****************************************************************【頁のトップに戻る】***



京都府~                   (*リストの並びは順不同です)


«cucina italiana LUNGAMO » (京都市先斗町)

『ルンガモ』さん。 駅近で鴨川沿いとロケーションのよい本格イタリアンのお店。 お料理の味は勿論、豊富なワインの種類、お料理を引き立ててくれる器や雰囲気、一皿一皿、説明してくれるスタッフの心配りと知識など、総合的にも質の高い大人のレストランです♪ 詳細をみる

«洋食とワイン AJIな奴ら» (宇治市)
宇治商店街を歩いていると、細い路地の奥にノスタルジックなビストロ(素朴なお料理と居酒屋的存在のフランス料理店)を発見☆
ジャズの流れる店内は、シェフの手抜きをしていない誠実で優しい味のお料理が楽しめます。 隠れ家的なお店です☆ おススメです! 詳細をみる


       
****************************************************************【頁のトップに戻る】***



大阪府~                   (*リストの並びは順不同です)


«まるとく» (大阪市旭区)

京阪・千林駅改札出て東へ徒歩30秒。 いつも店内は満員な気がします☆ 老若男女入り混じった家族ずれから男性の呑み会、女子会、カップルなど誰もに居心地の良さと美味しいお料理やお酒が手頃に味わえる素敵なお店♡ ワイン、お料理、デザート、店員さんの対応、超お気に入り♡ 詳細をみる

«よかにせ» (大阪市旭区)

私が千林に引っ越してきて最も気になっていたお店!!
母の『お好み焼き』が好きすぎて、外でお好み焼きを食べても納得のいかない私ですが「よかにせさんに来たら、店主御夫婦が美味しいお好み焼きを食べさせてくれる!!」って安心できたのです♡ 詳細をみる

«lojjy cafe(ロジィカフェ)» (大阪市旭区)

千林商店街を歩いていると沢山の細い路地があり、様々な素敵なお店が隠れています。 商店街から『生パスタ』って見える路地を探してね☆ リーズナブルで美味しく、男性一人でも入りやすいお店を目指し、イベントも次々と催し、レシピも教えてくれたり、心地よいお店です♡ 詳細をみる

«WINE PLANET» (大阪市西区)

地下鉄(御堂筋線、四つ橋線、中央線)本町駅 22番出口より徒歩1分。 路地に漏れる明かりの先に見えるものは、ガラス張りの店内に設置された圧巻のワインセラー☆ 2軒目使いのワイン・バーではなく、マスターの作る美味しい食事をガッツりと頂きながら、美味しいワインを楽しめます♡ 詳細をみる

«麵匠パスタバカ一代» (大阪市西区)

なんだかオシャレ度の低い(笑)ネーミングですが、店内は白を基調にしたスッキリとセンスのいいオシャレです☆ パスタに込める思いが食べた後で納得するほど美味しいパスタとソースです♡ おススメです☆  詳細をみる

«多幸屋 -Takoya-» (大阪市福島区)

「どこのたこ焼き屋よりも大きく蛸をカット」って嬉しい♡ たこ焼屋さん?海鮮料理の美味しい居酒屋さん? JR東西線 新福島駅②出口スグ or 阪神やJR環状線 福島駅から徒歩2-3分と便利な立地に、ちょい寄りがクセになりそうな美味しさ♪ おススメです♡ 詳細をみる

«Sweet Basil» (大阪市北区)

JR環状線 福島駅から徒歩7分、本場タイ人の料理長とスタッフの方達がタイ北部のお料理を堪能させてくれる本格派レストラン。 ランチタイムはリーズナブルなセットメニュー、夜は豊富なメニューから美味しいお料理を楽しむことが出来るお気に入りです♪ 詳細をみる

«RESTAURANT KIHACHI -ハービスプラザエント店-» (大阪市北区)
内装、サービス、お料理にワイン。全てを満喫させてくれる無国籍料理レストラン☆サービス税は掛かりますが、全体的にリーズナブルなので良心的。 残念なことに、2014年12月30日でハービスプラザエント店は撤退だそうです。 詳細をみる

«CANTINA piano piano» (大阪市北区)
近郊の季節のお野菜や魚介をたっぷりと使い、カジュアルかつ本格イタリアンのお味と雰囲気を堪能させてくれると定評がある、梅田駅スグのブリーゼブリーゼ6階♪ パスタが特におススメだそうです! 詳細をみる

«juen delicafe» (大阪市北区)
「何だコレ!!う~ん♡」って唸るくらい、パンケーキめっちゃくちゃ美味しいデス♡ 店主さんがハワイで食べて感動した味を再現されたパンケーキは、ホットケーキの違いも明確にしてくださいます! 詳細をみる

«BELLA BOCCA» (大阪市北区)
契約農家さんの有機無農薬野菜やワインにこだわったイタリアン・バル♡ 初めて訪れたのは 2012年晩秋 のディナーコース付きワインパーティ。 生産者さんにもお会いでき、全てのお野菜の美味しさにも感動♪ 詳細をみる

«torattoria-nico(トラットリア・ニコ)» (大阪市北区)
南森町駅6番出口横にあるイタリア・シチリア料理店☆ 雰囲気、味、品ぞろえ、スタッフ皆さん元気いっぱい丁寧なサービスで実にいいお店‼ 旦那様の御友人・M夫妻に紹介していただきました♪  詳細をみる

« 薪窯 Pizza ピッチュ » (大阪市鶴見区)
チュッチュさん(←愛称)を始め、スタッフ皆さんの食材へのこだわりと愛情、お料理への愛情もヒシヒシと伝わってきます。 薪窯で焼かれるピザも他のお料理も、超~おススメで美味しいです  詳細をみる



****************************************************************【頁のトップに戻る】***



★兵庫県~                   (*リストの並びは順不同です)
(当サイト管理人@えりの地元です ♡)


«焼鳥 神戸 拾八番» (神戸市北区)
ここの味に惹かれて来るお客さんで何時も賑わっています。マスターが真面目に美味しい食材と向き合っている貴重な焼鳥屋さん☆ 神戸・三宮界隈では味わえない本物の美味しさが舌を楽しませてくれますよ☆ 詳細をみる

«北斗星» (神戸市北区)
お店は『喫茶&軽食』なのに、周囲からは『洋食屋さん』と思われているのも無理がないくらい、看板メニューのハンバーグが美味しかったり、洋食メニューの充実ぶりと内容、CPが良いのです☆ 詳細をみる

«お魚ビストロ ストウブ» (神戸市中央区)
「お魚ビストロ」っていうから、お魚の種類が豊富なのかと思ったけど、意外に手堅く控えめなバリエーションメニュー。 その分、旬やその日の仕入れで提供する魚介類が変わるスタンスは、私は大賛成。 詳細をみる

«ダイニング オカノ» (神戸市中央区)
『LUNCH PASSPORT』で見つけたお店。 昔からインド料理も好きで、神戸では何軒かインド料理店を試していますが、『ダイニング オカノ』さんは他のインド料理店とは一味も二味も異なるカレーです。  詳細をみる

«riviere carre (リヴィエール キャレ) » (神戸市中央区)
一見カジュアルですが、サーブされてくるお料理はどれも丁寧に調理されたフレンチで、特に食材へのこだわりを感じます☆ お料理も接客もと~っても心地よく素敵です! とにかくお気に入りです♡  詳細をみる

«BistroCafe712 (ビストロカフェ ナナイチニ) » (神戸市中央区)
『美味しいものを気軽に』というコンセプトで、御夫婦で素敵なお店を営まれています。 食材、調理、接客、内装、各イベントなど、全てにおいて丁寧さを感じます。 コストパフォーマンスも良いです♡  詳細をみる

«BISTORO POISSON ROUGE(ビストロ・ポワソン・ルージュ) » (神戸市中央区)
お料理も全般的に外れ無しのお魚料理・お肉料理共に良い感じで、カジュアルかつ大人向きの雰囲気☆ おススメかも♡ 噂では、ランチがとっても CP もよく、おススメらしいですよ!  詳細をみる

«64 CURRY CAFE(ロクヨン カレー カフェ) » (神戸市中央区)
2014年8月8日にオープンした、カレー好きでカレーを食べ歩いたオーナーさんが始めたカレー専門店。 私、めっちゃくちゃ好きです♡ ご飯大盛り無料、ランチタイムはミニサラダ付き、CPも良いです!  詳細をみる

«Eggs'n Things(神戸店) » (神戸市中央区)
有名ですね。日本上陸後は各地で店舗拡大中。パンケーキにover¥1000は高い!! と思いましたが「神戸店が一番景観の良さを誇るのでは?」と聞き、確かにこの景色を眺めていたら高くない♡ 食事系もGood☆  詳細をみる



****************************************************************【頁のトップに戻る】***



岡山県~                   (*リストの並びは順不同です)
(岡山県和気町の親戚に、八塔寺ふるさと村へドライブに連れて行っていただいた時に、ランチをご馳走になりました♡ありがとうございます♡)


«地ビールレストラン レ・マー二» (備前市)

耐火煉瓦会社の社長さんが建てられた、約1万坪のヨーロピアン調の広場にある、本格イタリアン店。店内は、石釜で焼かれるピザの良い香りと、レンガによる効果かな?軟らかく優しい空気が流れてます。 詳細をみる


☆写真などが全くありませんが…

★«八塔寺 ガルテン» (備前市)…八塔寺川ダム公園横にある農村バイキングレストラン。地元で収穫されたお野菜を中心に、大人(中学生以上)1,000円、子供(4歳以上)500円、(3歳以下無料)でバイキング形式でいただけるとか☆今回は、私はお野菜などの直売所に連れて行っていただきました。伯父と伯母に、岡山の葡萄をお土産に買ってもらっちゃいました♡


★«私の伯母の手料理» (和気町)…ちょこっと自慢話ですが、この伯母は、お料理が上手で、今回も急な訪問にも関わらず、旬の栗を使った『栗おこわ』を作って、お土産に持たせてくれました♡(写真を撮り忘れてしまいました…) この家に行くと、昔、岡山名物の祭り寿司を作ってくれるために、日生漁港で水揚げされた、たらいに入った活だこが、キッチンから脱走しようと床を歩いていたのを思い出します。


            …また再訪できたら、今度は写真を撮らせてもらいますね☆
****************************************************************【頁のトップに戻る】***



山口県 Part I(仙崎・長門湯本・萩 3泊4日の旅で出合ったお店)

«仙崎にて»
 山口県の旅の最初の目的地、仙崎にはわずか4時間(当初の予定では3時間)の滞在でしたが、本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました。新神戸駅を出発してから順調にJR長門市駅まで来れた私ですが、仙崎駅まであと1駅なのに、仙崎行き列車は1時間待ち…駅の人に聞いたら30分待ちでバスに乗り換える方が早いとか…。バス停に向うと、同じ列車に乗車されていたお二人より(お母様とお嬢様で、福岡から仙崎の御祖母様に会いに向われるとのことでした。)「仙崎までタクシーで一緒に乗り合いでどうですか?」と、すごく有難いお誘いをいただきました。タクシーの中では、「青海島の周遊クルージング」と「紫蘇わかめはお土産におススメ」って教えていただきましたよ。で、仙崎に到着したら、「タクシー代は要らないので、紫蘇わかめのお土産を購入してみてね」って…お名前もお聞きしていないので、このHPよりお礼を申し上げます。この出会いのお陰で、今回の旅がその後どれだけ素敵な人たちとの出会いと楽しい時間を私に運んで来てくれたことか!!本当に本当に有難うございました。


«浜屋» (長門市仙崎)

仙崎に降り立ち、歩き始めたものの「先ずはお昼ごはん!腹ごしらえ!!」って、一番最初に私のアンテナが反応したお店。ここの名物ウニ釜飯は美味しかったです。仙崎に行かれたら、コレは食べておくべきかも!!! 詳細をみる

«ショップ青海島» (長門市仙崎)
仙崎漁港であがった新鮮なお魚を食べさせてくれる飲食店4軒と、仙崎名物の海産物や蒲鉾や甘夏ソフトを販売しているお土産やさん7軒が集まった観光基地。青海島(おおみじま)1周観光船のりばもココです。 詳細をみる


«長門市深川湯本にて»
 仙崎駅からバスで約20分です。宿泊予定の長門市深川湯本へ移動しました。バスを降りて、キョロキョロとしている私に、一旦扉を閉めたバスの運転手さんが扉を開けて行き先を尋ねてくれたり、バスに乗り合わせていらした地元の乗客の方が宿まで道案内を申し出てくださったりと、どうやらここ山口県は、旅人を温かい心でもてなし、満たしてくれる素敵な土地のようです。また、温泉(源泉)マニアにはたまらない魅力的な温泉(恩湯と礼湯)にも出会える街です♡


«ホテル長門 はらだ» (長門市深川湯本)
本来は、宿の紹介はしないのですが、居心地の良い宿で、心のこもったもてなしと、お料理の中に、女将さんの手仕込の一品があるのが嬉しく、仲居さんも楽しく優しい方でしたので紹介したいと思います♡ 詳細をみる


«萩にて»
 長門湯本を後にして、萩に移動しました。素敵過ぎます♡歴史を駆け抜けた多くの志士・偉人たちの足音が、今なお聞こえてきそうな気がします。街の方達がどれだけ大切にこの町を保存してくださっているのか。史跡めぐりに引き込まれる町です。また、初めて訪れた町とは思えないほど居心地が良い感覚を味わえます。この街の皆さんがとにかく温かいのです♡そして、食べ物!!本当に美味しい!!お魚が新鮮すぎ!!お酒も美味しいし、お醤油も美味しいものがありましたよ!!もっと隅々まで食べつくしてみたい町です♡
 2日間の市内観光に『萩循環まぁーるバス』2日間乗車券を使いましたょ。端から端まで何度も歩きましたが、バスを見かけるとバスに飛び乗ったり、歩き疲れるとバス内で休憩しながらドライブ気分の観光をしたり。とってもお得で便利でした。それに、運転手さんがこれまた親切で優しい♡私の顔を覚えて下さって「次は何処行くの?」「ココは良いよ!」と毎回声をかけて下さったり、歩いている私に手を振ってくれたり。本当に楽しい街です。



«松陰神社» (萩市)
萩市は日本最初の夏みかん栽培地。城下町の白壁のあちらこちらからで夏みかんが顔をのぞかせています。松陰神社の境内にあるお茶処で、夏みかん味噌田楽をいただいてみました♡ 詳細をみる

«萩椿» (萩市)
松陰神社を出て幹線を歩いていると、気になる看板を発見。必ず地元でしか買えないお土産を持って帰って家族や友人にも食べ歩きのお裾分けをしたい私は、いつもお土産探しにも真剣。素敵なお菓子屋さん発見♡ 詳細をみる

«すし善» (萩市)
萩市内を歩き回っている時に地元の方から「この町のお鮨屋さんはどこも美味しいけど、すし善さんは、特にネタが大きくって美味しいよ!」って教えて頂きました。本当に美味しいし、ネタも大きいです♡ 詳細をみる

«長州屋光圀&光圀本店» (萩市)
萩の町を歩いていると『夏蜜柑丸漬』の看板、お土産屋さんでは、光圀さんの丸漬をよく見かけたので、お店に立ち寄って購入しました♡長州屋光圀さんでは、町の情報や光圀本店さんを紹介して下さいましたよ。 詳細をみる

«道の駅 萩シーマート» (萩市)
シーサイド・マーケットの略。道の駅といえば、観光客対象傾向がある中、ここは地元のお客さんが多い感じ。特に直ぐ隣に萩漁港という立地なので、お魚が新鮮で安価。萩の海の幸・山の幸に出会えます。 詳細をみる

«ふるさと家族» (萩市)
新鮮な地元魚や、むつみ豚のトンカツを、リーズナブルにいただけるお食事処(居酒屋さん)。お隣&上階はご両親が経営されている民宿。お昼に街を散策している時に気になり、晩ごはんに立ち寄りました。 詳細をみる

«小林製菓本舗» (萩市)
ホッっとする昔ながらの町の小さな和菓子屋さん♡自家製手作りの夏蜜柑を使った萩の菓子や外郎、おはぎや赤飯もあり、お店入り口では大判焼きも焼いてくれます♡今回のSweetsお土産はココに決定♡♡♡ 詳細をみる

«忠小兵衛蒲鉾本店» (萩市)
焼き抜き製法蒲鉾の元祖となる、忠小兵衛蒲鉾本店。日本海の新鮮なエソや小鯛を原料にこだわりの伝統製法で焼き上げられた蒲鉾や、ごぼうをエソ皮で巻いて炭火で焼き上げた萩の特産「萩巻き」は逸品です♡ 詳細をみる

«藍場庵» (萩市)
約2.6㎞の人工川の下流付近には、歴史の舞台に名を馳せた人たちの屋敷や旧宅などの史跡が連なり、建物は川と共に暮らしてきたこの地域独特の造りを見ることが出来ます。散策中、藍場庵さんで一服しました。 詳細をみる

«庭園カフェ 畔亭» (萩市)
約800坪の枯山水の庭園にたたずむ古い屋敷を利用したお食事処&カフェ。どの席からも庭園を眺めることが出来ます。地元の魚介・肉・野菜を堪能できる定食などを庭園を眺めながら優雅にいただけますよ。 詳細をみる

«Kimono Style Cafe» (萩市)
毛利藩士の古民家を利用したカフェ。このあたり散策中に目に付いた『夏蜜柑チーズケーキ』が食べてみたく立ち寄ってみました。…が、すでに完売。地元の方が焼いてくださるとの事で平日は6個くらいの限定。 詳細をみる

«果子乃木» (萩市)
旅の車中で、知らない乗客の方が読んでいらした雑誌に、山口銘菓の紹介で『月でひろった卵』や『萩の夏蜜柑プーロ』が掲載されていた雑誌をチラリと盗み見して気になっていたので訪ねてみました♡ 詳細をみる

«荒川蒲鉾店» (萩市)
練り製品専門のお店。散策中に何度も前を通っては、店頭に並ぶちくわや蒲鉾、ごぼう巻き、平天の香りや、ギョロッケって名前が気になり、地元の方に聞いたら『荒川のギョロッケ』を知らない人はいないとか!! 詳細をみる

«MARU 地産謹製料理店» (萩市)
萩の特産品を豊富なメニューで味わえます。お店の雰囲気はモダンで、比較的広い店内ですが、平日でもすぐに満席になる人気ぶり。萩の特産を少しずつセットにした嬉しいメニューもあり、女性一人でも大丈夫♡ 詳細をみる

«民宿 阿武川» (萩市)
本来は、宿の紹介はしないのですが、とっても居心地の良い民宿で、心のこもったもてなしと、朝食をいただきましたので、紹介したく♡また、温泉(源泉)マニアにはたまらない魅力的な温泉も頂けます♡女性一人でも大丈夫♡気さくで素敵なご夫婦が経営されています♡ 詳細をみる


☆写真などが全くありませんが…

★«coen» (萩市)…MARUさんのお隣にある、とても素敵なバー&カフェです。民宿で出会った方も行かれたようで、ここのオーナーさん達も、常連さんたちも、かなり優しく親切な方々が集っています。私は旅の最後の夜に、食後のデザートが食べたくて立ち寄りましたが、もし、旅の初日に行けば、街の情報をタップリと教えていただけますよ♡


            …また再訪できたら、今度は写真を撮らせてもらいますね☆

****************************************************************【頁のトップに戻る】***



山口県 Part II(下関&川棚温泉・湯田温泉 2泊3日の旅で出合ったお店)

 山口県の旅(Part I)が気持ちよく、もう少し他のエリアにも行ってみたくなり、2012年12月に下関経由→川棚温泉、湯田温泉を訪ねてみました。

«下関にて»


«唐戸市場» (下関市唐戸町)

山口県内で獲れた鮮魚や水産加工品で賑わう活気のある卸売市場。午前4時~7時は卸売業者で込み合うのでNG。お買い物目的の一般人は午前7時~9時にGO!! 週末限定『活きいき馬関街』は一見の価値あり! 詳細をみる

«小野茶 cha-no-koku(茶の刻)» (下関市唐戸町/カモンワーフ内)

唐戸市場から下関駅に向うべくカモンワーフの前を歩いてバス停に向う途中、目に留まりました☆ 山口県特産品の小野茶の煎茶をたっぷり練りこんだソフトクリーム発見  詳細をみる


«川棚温泉にて»
 川棚温泉駅を下車しても、温泉街っぽい賑わいはなく、一瞬戸惑いますが、15分ほど歩くと、小さな小さな温泉街がありましたよ♡ 温泉街としては小さいし、観光地という雰囲気はないけれども、逆に、静かにゆっくり何もしたくなく、休養がとりたい時には嬉しい場所です。 山口の人の優しさと温かさはここにもあります。


«三春堂» (下関市豊浦町川棚温泉)
明治30年創業以来、素朴であっさりとした風味で名物の “川棚まんじゅう” の味を守り受け継ぐ老舗の和菓子屋さん ♡ 和菓子だけではなく、ユニークなネーミングのシュークリームも近年人気があるとか ♡ 詳細をみる

«瓦そば・たかせ(別館)» (下関市豊浦町川棚温泉)
山口県内では広く家庭でも食べられている “瓦そば” は、下関市豊浦町の郷土料理。 熱した日本瓦の上に茶蕎麦、牛肉、錦糸卵、薬味などを彩りよくあしらい、特製つゆにつけて食べる “瓦そば” 開発者のお店。 詳細をみる

«お宿 せきや» (下関市豊浦町川棚温泉)
本来は、宿の紹介はしないのですが、居心地の良い民宿で、心のこもったもてなしと、“具汁”と呼ぶべきお味噌汁とお野菜たっぷりの朝食をいただきましたので紹介しま~す♡ 女性一人でも大丈夫なお宿ですょ♡ 詳細をみる


«湯田温泉にて»
 なかなか素敵な街です。あちらこちらに足湯場があり、観光で歩きまわって足が疲れたら足湯に足を浸けながら休憩。この街も多くの史跡があり、歴史のロマンスと香りが漂う街で面白かったですよ。



«和菜 大内家» (山口市湯田温泉)
湯田温泉に到着し「先ずは腹ごしらえ」と観光案内所の方に勧めていただいた和食処。山口県産の食材を使った郷土料理などがお手頃にいただけます。ランチは¥1000~2000で四季折々の御膳が楽しめます♡ 詳細をみる

«外郎本舗・御堀堂(湯田支店)» (山口市湯田温泉)
山口の外郎は、わらび粉を主原料に小豆餡などを練り合わせて蒸しあげるので、他地方の外郎とは異なる口当たりと素朴で深い味わいが美味しく、毛利の殿様もお好みだったとか。地元の方たちのおススメです♡ 詳細をみる

«西村屋» (山口市湯田温泉)
本来は、宿の紹介はしないのですが、中原中也が結婚式と披露宴を行った宿でもあり、山頭火も出入りしたゆかりの宿。当時の面影の残る部屋や、100%源泉掛け流しの温泉、朝夕の部屋食での美味しいお料理がステキだったので紹介です♡ 女性一人でも大丈夫ですょ♡ 詳細をみる

料金目安の見方
 ¥:inexpensive  ¥¥:average  ¥¥¥:above average  ¥¥¥¥:expensive