甘夏のマーマレード

TOP > えりのレシピ > デザート&保存食 > 甘夏のマーマレード

マーマレードのの画像さっぱりとした爽やかな甘みと酸味が美味しい春の柑橘の甘夏♡ 甘み・酸味・独特のほろ苦さが美味しいこの甘夏のマーマレード作りは、わが家のキッチンでは、大切な年中イベントの一つです。 4月になると1年分のマーマレードを作りをします。
お水は使わず、果汁たっぷりの果肉と果皮、お砂糖のみでつくります。 最近見かけなくなりましたが、昔ながらの夏みかんでも美味しいですよ。

材料

  • 甘夏みかん 5個(約2000g)
    (無農薬のものが入手できたら最高ですね。)
  • 三温糖(または砂糖) 約800g
    (処理前の甘夏の重さに対する40%が目安)
  • 長期保存をする場合は、清潔な保存瓶や容器、食品保存用袋など

  • ★甘夏の皮は、ヘタや黒いシミのところを除きますので、実際は、皮4個分、実5個分となります。
    ★お砂糖の量も、甘夏自体の甘さによって適宜調節します。

    ★3月の甘夏と4月、5月とでは甘夏の甘さや酸味は異なります。わが家は4月の甘夏が酸味、甘み、苦味、果皮の色合いなどバランスよく、マーマレードつくりには適しているように思えるので、4月の甘夏を使っています。

作り方

    ====下準備====

  1. 甘夏はきれいに洗い、皮をむく。

  2. 長期保存用には、瓶と蓋を15~20分間熱湯で煮沸消毒し、拭かずにキッチンペーパーなどの上で乾かす。

  3. 皮はへたの部分や黒いシミのあるところは除き(出来上がりの色が悪くなるので)、白いワタをつけたまま千切りにし(2㎜でも3㎜でもお好みの厚さでOK)ボールに入れ、水をたっぷりと入れて軽くもみ洗いをし、水を入れ替えて、同じ作業を合計2~3回行い、1時間~半日水につけたまま置く。

    (★白いワタにペクチンが含まれていてママレードを固めてくれます)

  4. 実は内袋から出して、種は取り除いておく。 白いワタは完全に取れなくてもOK。 後で調理に使う蓋のできるお鍋に入れておく。

  5. ③をざるに上げ、しっかりと手で絞り、もう一度水をかえて同様に水気を絞る。

  6. (★③と⑤の作業で苦味が取れます。 あまり洗いすぎると甘夏マーマレード独特のほろ苦い旨みがなくなってしまいますので、お好みの加減を探してね。)


    ====調理====

  7. ④のお鍋に⑤を入れ、蓋をして弱火にかける。

    (★時間があれば火にかけ始める前に1時間程④と⑤を軽く混ぜ合わせておいて置くと甘夏の実の酸により、皮が柔らかくなり、味も風味もしみ込みやすくなると言いますが、わが家は毎回、省略…)

  8. ⑥が沸騰して煮立ってきたら蓋をはずし、皮が柔らかくなるまでそのまま煮る。アクが出てくるようならアクは丁寧に取り除く。

  9. 皮が柔らかくなったようなら、お砂糖を約半分量加え、もう一度蓋をしてお砂糖が溶け込むまで煮る。お砂糖を加えると、水分がしっかりと上がってきます。

  10. 残りの砂糖は何度かに分けながら加え、木べらで時々混ぜながら煮詰めていく。
    ここからは、なべ底を焦がさないように注意をしてね。

  11. 好みの甘さと硬さになるまで、お砂糖の量や煮詰め具合いを加減してください。

    (★甘さは、熱い時には甘く感じすぎても、冷めると落ち着きます。硬さは緩めの方が美味しいです。また、冷めると意外としっかりと硬くなりますので、煮詰めすぎないようにしてください。)


  12. ====瓶詰め====

  13. 煮あがったマーマレードは熱いうちに煮沸消毒をした瓶に入れ蓋をする。瓶の口に付いたマーマレードはふき取ること。

    (★瓶詰め量の目安は、瓶の口から少しだけ空間が残るくらいまで。)

  14. 《脱気・殺菌》お鍋に瓶を並べ、瓶の高さの半分よりやや高めくらいまで熱湯をいれ蓋をし、約10~15分ほど弱火にかける。 瓶を取り出し、再度蓋をきっちりと閉めて冷めるまで置いておく。

  15. ★瓶の煮沸消毒や、脱気の作業は、瓶がとても熱いので、くれぐれも火傷にはお気をつけくださいね!!


<下準備>

 

<調理>

★保存は冷暗所にて保存してください。(冷蔵庫がおススメですが、場所をとてしまいますね…)また、開封後は必ず冷蔵庫で保存し、早めに食べてくださいね。

★他にも、マーマレードが熱いうちに、フリーザータイプの保存袋に入れ、薄く(1cmくらいまで)板状にして、空気を出来るだけのぞいた状態で冷まし、冷めたら冷凍庫で保存。冷凍しても完全には固まらず、必要なときに手で割って取り出せます。薄く冷凍しているので自然解凍も早いですよ。


 

マーマレードの活用例♪

☆御自身で『ロールケーキ』を作られる方は、ぜひ試しにロールケーキの生地に薄く塗りのばし、クリームと一緒に巻いてみてね。 1日味を馴染ませることをおススメします。 翌日以降のお味はイチオシです!!
(試しに市販のスイスロールのバニラクリーム入りを丁寧に巻きを伸ばしてそこにマーマレードを少し塗って巻きなおして翌日食べてください。 市販品でも上品なお味になりますよ♪)

『ホットケーキ』『オートミール・パンケーキ』などのトッピングに、ホイップクリームと一緒に添えてみてください。 美味しいですよ~!!

☆トーストにバターを塗って、マーマレードをたっぷりつけて食べるのは定番ですね!

☆ヨーグルトにお砂糖は加えずに、マーマレードを添えてみてください。美味しいです♪

☆他にも、紅茶のお供にそのままペロッとほお張ったり、お料理にも使えますよ。


♣このレシピに関連するトピック

 ☆『What's New』 Apr.8,2015
 ☆『What's New』 Mar.16,2014
 ☆『What's New』 Apr.15,2013
 ☆『What's New』 Mar.6,2013
  の記事を読んでみてね♡
  (↑太字をクリックするとリンク先に移動しますょ)

 

サラダ


スープ&煮込み料理


お魚料理


お肉料理


ロシア家庭料理


デザート&保存食