新生姜の甘酢漬け(ガリ)

TOP > えりのレシピ > デザート&保存食 > 新生姜の甘酢漬け(ガリ)

ガリの画像5月下旬頃から6月にかけて出回る綺麗な色の新生姜を見かけたら、ぜひ作ってみてください。 案外簡単ですし、自家製ならではですよ、辛味も甘さもお好みに調節できるのは! 普段のひね生姜は年中見かけることができますが、フレッシュな辛味とみずみずしさを味わえる新生姜は旬ならでは! ぜひ暑くなってくる季節の食卓にお試しあれ!(*新生姜は秋も出回ります。)

材料

★下記の配合を目安に、お好きな量で作ってくださいね。
 (わが家は約600~800gの生姜を漬けます。)

  • 新生姜 200g
  • ☆酢 1/2カップ
  • ☆水 1/2カップ
  • ☆砂糖 大さじ4杯
  • ☆塩 大さじ1/2杯
  • 消毒した保存瓶や容器

    (★プラスティックタッパーなどを使用される場合は、お酢にも対応できるものを使用してくださいね)

作り方

  1. 新生姜は、包丁の背や、割り箸などを使って皮をこそげ取り、頭の赤色の部分はわずかに残して切り落とす。

    (この赤色の部分を残すことで、ほんのり薄いピンク色に仕上がります。)

  2. ①をだいたい半分~3等分くらいの長さに切り、次に、生姜の繊維に沿って出切るだけ薄くスライスする。

    (繊維に沿ってスライスするのは、食感と見た目を良くするため。)

  3. 仕上がりの生姜の辛味が苦手な方は、スライスした生姜を5分~20分くらい水にさらしておく。

    (浸けておく時間の長さで辛味が抜けていきます。わが家はこの作業はしません。)

  4. お鍋にたっぷりのお湯を沸かす。

  5. ②(または③)を④のお鍋に入れ、さっと火を通し、ざるにとってお湯を切り、そのままざるの上で広げて冷ます。

    (湯通し時間は1~2分くらい。薄くスライス出来ていれば1分でOK)

  6. ☆印の甘酢の材料をお鍋に入れ、火にかけ、塩と砂糖が完全に溶けたら火を止めて、冷ます。

  7. ⑤を消毒済みの保存瓶や容器に入れ、⑥の甘酢をひたひたに注いで蓋をし、冷暗所に保管。

    (わが家は1度に600~800gの新生姜を漬け、数個の保存瓶に小分けする為、味が均一になるように甘酢の液に生姜を入れてから、保存瓶に移します。)

  8. ★翌日以降から食べ始めることは出来ますが、少なくても2週間は漬けておく方が美味しいです。我が家は頑張って1ヶ月くらいは待ちます。
    また、長期保存したい場合は、冷蔵庫での保管をオススメします。とは一応言いながらも、我が家は床下の常温で6ヶ月間は問題なく美味しく食べています。
    それ以上は食べ終わってしまい、保存記録がありません。

        

♣このレシピに関連するトピック

『What's New』 May.10,2015
『What's New』 May.15,2014
の記事を読んでみてね♡
  (↑太字をクリックするとリンク先に移動しますょ)

 

サラダ


スープ&煮込み料理


お魚料理


お肉料理


ロシア家庭料理


デザート&保存食